No.801254

お知らせ&ブログ

カテゴリ:ブログ

住宅塗装の会社について

※WEBサイト移転に伴い旧WEBサイトからの記事の再投稿です

以前塗装業者の違い(オリジナル塗料)について書きましたが、もう一つぜひ気をつけて頂きたいことがあります。

近年よく【当社は専属施工◯社のみで工事しています】などの他者との差別化を図る会社もありますが、専属という名前になっているだけで下請けには変わりありません。

更に1級技能を持ってますと証書を見せる会社もありますが、本当にその職人が工事に入るのでしょうか?もしそれが本当であれば抱えている業者数分しっかり提示するべきです。

しかし、それができない(しない)のであれば建前上技能士と言う説明をしているだけで、実際はそうでないケースがほとんどです。

実は以前私もそのような方針の会社に勤めておりました。そんな中「本当にお客様が満足・安心できるサービスを提供しアフターフォローを充実させられるのか?」という疑念が強くなり、そうして突き詰めた結果自分自身で一貫して管理を行う今のスタイルに辿り着きました。

よく「株式だから安心」「個人だから怪しい」という声を聞きますが本当にそうなのでしょうか?そんな単純な話であれば大手にお願いしたのに不満爆発だったなんてことないはずです。

本当に大事なのは、経営している人間がどのような考えを持ちどのような気持ちでお客様に接しているのかというところのはずです。

だからこそ、Re:house鹿児島は確実な工事を進めていくためにご説明の際にお伝えした施工業者が必ず現場に入り、代表自身が施工前からお引渡しまで全ての管理を行います。

そのため、トラブルや疑問などが出てきたときに「担当に回します」「問い合わせはこちらではありません」といったたらい回しは起こりませんし、本当の意味で安心をお届けすることができています。

どこの会社に住宅塗装をお願いするかはお客さまが最終的にご決断されることです。そして選ぶ側だからこそ安心して任せられる業者を見極める力を持っていただきたいです。

私も家は大事です。中途半端な工事はしたくありません。

実際工事をされるお客様の気持ちももっと知るために、築3年の新築塗装が切れるタイミングで自宅の塗装に踏み切りました。

信頼できる確かな技術のある職人と今まで積んできた経験とを合わせて、必ずご満足していただける工事をご提供させて頂きます。